昨年12月から今年の正月休みくらいにかけてはドラマ「大都会パートⅡ」で頭がいっぱいで、そりゃもう一日一回は見てましたから。DVDとかTVの録画を。

昭和の風俗や風景が見られるのは当然興味深いんですが、加えて音楽!!

オリジナルのロックぽいサウンドトラックやトランペットのオープニングテーマなんかが激渋で素晴らしいのはもちろんのこと、それ以外に気付いたところでは第5話「明日のジョー」ではなんと富田勲のシンセサイザー版・ストラビンスキー「火の鳥」が、第10話「刑事のいのち」ではドビュッシー交響詩「海」(たぶん)が、第16話「兇悪犯(原題のまま、兇の字がシブい)脱獄」ではやはりドビュッシー「シランクス」が流れるなど、既成の音楽の選曲のセンスも素晴らしいことこの上ないです。

いやっもうどうなっているんだね!?黒岩くん!という感じです。

ことほど左様に、このドラマの見どころは尽きないのであります。「大都会パートⅡ」全くあなどれません。

 

さて今回はひし形シリーズ「ダブル・トリプル」と名付けました。まあ読んで字のごとくです。

↑反り菱シングル。スタートに一応サンプルとしてあげましょう。まあいろんなところでよくみられるやつです。ちなみにこういうのを「反り菱」と、家紋の種類の呼び名で言うんだと知りました。@川越市

 

↑反り菱ダブル。まん中でちょっと重なって連鎖している。@川越市

 

↑ダブル反り菱が3つ並ぶ。2×3=6 @目黒区

 

↑下から1・3・5段目が各々ダブル反り菱・ダブル反り菱・V字青海波。一つおきに「透かし」てます。@川越市

 

↑ダブル。2つのひし形が真中で重なりあう。家紋の呼び名だと「違い菱」というらしい。

 

↑上のダブル(違い菱)よりも太めのタイプになります。涼しげに垂れるツタ?がいい感じ@不明

 

↑何となくお互いに距離を置くダブル(違い菱)4つ@川越市

 

↑違い菱二束三文。いやそうじゃない。@国分寺市

 

↑トリプル。上下に棒が出ているもんだからソロバン玉に見える。

 

↑このようにトリプル横1列に並ばれるとソロバンの一段目。@新宿区

 

↑トリプル下のほうだけ。ホントはもっと長ーい塀なのだ。@世田谷区

ダブルは結構よく見るけどトリプルは上の2か所しか見たことないなあ。

今のところ。つづき↓

↓すばらしい大都会partⅡ

おすすめの記事