これまでに透かしブロックin1970年代のTVドラマ、というテーマはいくつか取り扱ってきました。今回はさらに遡って60年代の映画の中の透かしブロックを取り上げてみようと思います。

「獄中の顔役」1968年東映作品より。出所してまっ先に藤(現:富司)純子に会いにきた高倉健。後ろのブロック塀にみやまが見える。
お塔婆の合間に見え隠れするみやま。これは一応、68年当時の設定なのでこれでいいんだろうと思う。
同じく「獄中の顔役」より。全く何だか分かりにくいですが桃だか梅だかの木越しに健さんと純子さんが連れ立って歩いていて、その向こうのブロック塀にみやまが見えます。
これは回想シーンで確か昭和29年の設定なのだ。1954年かあ、この時代にブロックはあったろうけど、みやまの透かしはどうかなあー?なかった可能性の方が高いということでツッコミ。
ちょっとさっきよりはみやまが大きく見えます。セーラー服姿の藤純子さんが「速水さん(演:高倉健)のお嫁さんになりたいなぁ」とか会話が聞こえて歩いているが顔とかはよく見えない不思議なシーン。
こちらは「昭和残俠伝 一匹狼」1966年東映。左後ろに池部良先輩が着流し姿で立っていますが、その左肩の上にみやまが見える。映画は66年だが時代設定は昭和初期(そう映画の冒頭に出る)なので、流石にブロック塀やみやまがあるはずないやね。とツッコんでみる。
カメラが移動したので池部先輩が遠ざかってしまいました。でもみやまは見えている。

あー面白かった!

おすすめの記事