どうもこんにちは。2021年になりましたが今年もよろしくお願いします。

さて昨年の秋くらい(だったかな?)にケーブルテレビで刑事コロンボを一気に全部放送!てのを知って録画して見始めています。後から知ったのですがNHKBSでは毎週水曜日に1話ずつやっているらしい。

60年代や70年代の雰囲気が見れるかも、が見始めた動機です。期待どおりなかなか良い感じで、エンジョイしています。

犯人とか周辺の人たちがみんな上流階級の大金持ちで、もの凄い豪邸には必ずバーがあって、「何かお飲みになる?」なんてやってます。で男の人も女の人もえらくでっかい車を運転してて、それがまたカッコいいです。 レストランで食事してワイン飲んだあと普通に運転して帰るところもよいですね。おおらかです。

それはさておき、そのドラマ内で見つけた透かしブロックがいくつかありました。

↑vista vueというやつですね。正方形タイプ。1971年、第6話Suitable for Framing 「二枚のドガの絵」より。

 

↑Vista-Vue。"Concrete Screen Block: The Power of Pattern"より。

 

↑日本と違ってアメリカでは室内の装飾にコンクリートブロックを用いるのはよくあることのようだ。スタートレックのレナード・ニモイ。

 

↑室内なんですよねこれ。室内というより屋内か。左側と、右奥にもあります。これも正方形タイプ。第15話A Stitch in Crime「溶ける糸」より。1972年。

 

↑これは!あの「神奈川もの」だ!

 

↑神奈川もの。ブロックでエックスを作っている透かしブロック。Xの真ん中くっついてないけど。@神奈川県寒川町。

 

↑こうやって全て透かしブロックで塀を作るのが日本風と違うところ。

 

↑素敵なフレンチレストランに慌ただしく入っていく主人公。第16話The Most Dangerous Match「断たれた音」より。1972年。

 

↑次は第19話Any Old Port in a Storm「別れのワイン」より。ファンの間で大変人気の高い作品なようです。

 

↑車の向こうの壁を覆っているのは紛れもなく透かしブロックです。

 

↑これは反り菱分類の中でも、両腕が長めかつ直線的で真ん中の◇はわりと大きめなタイプか。

 

↑こんなの?@埼玉県川越市

 

↑これとか?@荒川区

 

↑これは違うよね@岐阜市

 

↑別の場面だけど場所は同じ。車の窓越しに見える。

 

↑第20話Candidate for Crime「野望の果て」1973年より。右奥に見えるユリの紋章みたいなのは透かしブロックなのかブロックでない何かの装飾なのかよくわからない。正方形タイプ。

 

↑これは…お屋敷の2階のバルコニーの手すりが、よくわかんないけどホローブロック(枠だけのブロック)を組み合わせて作ってるんじゃないかと思う。

 

↑抱き合う令嬢とメイド?さん。令嬢の頭のずっと上に、わずかにバルコニーのブロックらしきものが見える。第35話A Matter of Honor「闘牛士の栄光」1975年より。

刑事コロンボは1977年で一旦終了し、新シリーズがその後1988年に始まります。新シリーズをまだ全部は見ていませんが、80年代に入ってからは透かしブロックは見つけていません。

ドラマ自体の内容については、70年代までの方が味わい、深み、上品さがあって私はすきです。

 

(↓以下は2021年2月に追記しました。)

↑おお!コロンボと大学生の後ろの、これはアパートとか、なんか住居ですかね?の壁にvista-vue 。ビスタビューはとてもポピュラーな透かしのようだ。56話Columbo Goes to College「殺人講義」1990年。

 

↑これは…モーテル。

 

↑モーテルの一室に犯人がいるので警官隊が踏み込むところ。この塀は、ホローブロックの組み合わせかなあ?どうだろうか?…といったところで、よくわかりませんが多分そうじゃないかと。57話 Murder Can Be Hazardous to Your Health 「犯罪警報」1990年。

 

↑64話 Undercover 「死を呼ぶジグソー」1992年。

右の方に見切れかけている透かしは、一番上のを見ると真ん中にスジがないので、横幅が普通の2個分あるのではないかと思われる。左の奥の方にコロンボの後ろ姿。

そんなわけで録画していたコロンボも全部見終わってしまい大きな寂しさに襲われています。1回目は日本語吹き替えで見たので、一応スジがわかったところで2回目は英語音声で見ようかな、とおもっています。

おすすめの記事