透かしブロック in 渋谷区その3

昨今は渋谷と言えばハロウィーンに渋谷来ないで下さいとかニューイヤーのカウントダウンに来ないで下さいとかそんなのがまず思い浮かぶわけですが、開発目覚ましい渋谷駅周辺だけが渋谷区ではなく、こんなにも心落ち着く透かしブロックを見られる渋谷区もあるのです。

↑三つ穴がずらりと二段重ねで横に連続している。美しいですね。

↑ゆるい坂道なので、塀が切れてるところで透かしの部分が向こうのほうが高くなっている。

↑こういうキラリーン✨みたいのはいくつかバリエーションがありますが、これは…細いです!左右のウデが細いし上下の接しているところが繊細です。ここでしか見たことないです。

↑塀の全景。渋谷区に現存する貴重な竹藪(2019年時点)。

↑透かしブロックじゃないけどなんかブロックでできた建物でインパクトがある。

↑突然すごい生活感。塀の上に横に木を渡して植木鉢とかを置いていて、塀の下にも植木。透かしはダブルYだがこれは棒の表面が丸みがついてふっくらしているタイプ。これは新宿区あたりでも見た気がする。

↑見上げる塀にダイヤのジグザグ。

↑低いところにもダイヤのジグザグ。きっと同じ人が施工したんだろうと思う。

↑チョコベビー、またはアヒル。川越とか前橋なんかで見てましたが、都内にもちょっといるんですよ。葉っぱがはみ出ているところが良いです。

↑ヒノデのミカンタイプ。両腕の開きが大きく、ミカンをむいたように見えることからそう呼んでいる。埼玉、群馬で確認されている。

↑おおーみやまの市松模様が力強い。青いゴミネットのだらしない感じがいい味を出している。

↑角を曲がった続き。植木がなんか影を落としてちょっと暗くなっているところが良い。

↑ブロックと全く関係ないんですけどこんなフォント!につい吸い寄せられてしまいました。80年代っぽい?懐かしいなーなんか当時のロックバンドのLPジャケットにこういう字が書いてあったみたいな気がする。ユートピアンていうのもいいやね。

そういうわけで、充実の渋谷区でした!渋谷区の透かしブロックもなかなかバリエーション豊かでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA