↑岐阜市その1はこの面妖なカタチから始まります。中心にダイヤがある、四隅にクサビ形がある。それはそれとして、まとめて言うと何なんだろう?この落ち着かなさは、模様を「穴で見るか描線で見るか」を統一できないところにあります。
↑お次はこれです。先っぽがどこも出ていない井桁!どこも出ていなかったら井桁ではないのでは。周囲をぐるりとレリーフが取り囲んでいるうえに、奥まってもいる。
↑上記の二種を擁するブロック塀。なかなか年季が入ってます。笠木とコケが良い味を出している。
↑おや、笠木が一部分(2個くらい)新しいのになっている。あと塀の中のドームみたいのは何だ。
↑謎のダイヤ系模様とどこも出てない井桁のスーパーコラボはとてーも長くて風格のある塀でした。
↑4分割タイプ。枠のフチに細くレリーフが入り、棒の前面が立体的のもの。塀全体が塗装されていた。
↑小学校の塀なんですが、右から「元気ハツラツ」
↑「元気ハツラツ‼︎ひがCながら…小学校」??とか続くんだったかな?にしてもなぜに右から。
↑見えにくいですが。六角形が奥まってるやつ。この次の日、岐阜駅に近い方でも再会しましたよ。
↑縦4分割が二つずつ。穴の周囲にレリーフが付いていて、USB入れたくなるやつ。と呼んでいる。
↑遠くて見えにくいですが、これもUSB入れたくなるやつでしょう。控え壁がちゃんと立っている。
↑最上段に井桁(枠レリーフ&奥まり)、最下段に先ほどの小学校のと同じ前面が立体的な4分割。下の真ん中の4分割から葉っぱがはみ出ている。
↑これは透かしじゃないですが、表面の立体模様が珍しいやつ。化粧ブロックと言うんでしたかね。
↑化粧ブロックの近くに寄ってみました。ガラスにヒビが入ったようにサンカクサンカクの模様
↑クサリ模様の透かしは意外と全国的に見られる
↑鉄の扉の左側にも塀は続いている。赤い消火器
↑「カニ」と呼んでいるこの透かしは、上下に合わさるとクローバー🍀になるのだが、案外クローバーになってるのをあまり見かけないのは残念。

おすすめの記事