TVドラマ「傷だらけの天使」は1974年から1975年にかけて日本テレビでオンエアされました。これまで見てきた「俺たちの勲章」、「大都会パート2」、「探偵物語」よりもほんの少しだけ前(というか今となってはほぼ同時代というか)の、昭和の日本の風景、風俗がみられる貴重な映像となります。
ではその貴重なブロック塀、透かしブロックの画像ですが、TV画面の写真を撮っているので画質は良くありません。なにとぞご容赦ください。

↑16話「愛の情熱に別れの接吻を」@たぶん新宿区。 修ちゃんと、一夜を過ごした女の子が後からついてきちゃうの図。左後方に、最上段に三角△が並ぶブロック塀が見える。

 

↑そして右側のブロック塀には下の方にダイヤが一つ置きに配置されている。菊池武夫のコート、くーカッコいい。

 

↑14話「母のない子に浜千鳥を」@神奈川県湯河原町。アキラがなんかボコボコにされて塀を伝って歩いているそこには三つ穴透かしブロックが。

 

↑そしてこれは2017年12月撮影したものですが、さっきのロケ地は、この場所だったんですよね。なぜわかったかというと、アキラがこのあと歩いていく先に「伊豆屋旅館」さんてのが見えるんですが、その隣の「上野屋」さんに私は2017年に宿泊したことがあったからです。なつかしー。

 

↑ああーあの時歩いた道、写真を撮ったブロック塀を、三つ穴透かしブロックを水谷豊さんが触っていたとは…

 

↑ずーっと伝い歩いてきたブロック塀が途切れるところ。このすぐ目の前に「伊豆屋旅館」さんがあります。

 

↑12話「非情の街に狼の歌を」@熱海?だったかな?違ったらすいません。右の上方にY透かしブロックが見える。

 

↑さっきの女性が塀際の階段を上っていくところ。左側にY。昔はなんでも紙袋でした。

 


↑通り過ぎてもY。

 


↑6話「草原に黒い十字架を」。場所はよくわかりません。アキラが修を乗せた乳母車?手押し車?を押して歩いている右側に、低いブロック塀がある。

 

↑振り返るショーケンさんの笑顔がすてき。向かいからやってくるバン?がカッコいい。この時代の、車体のフォルムが厚みがあって角張ってる感じのクルマ。肝心の右側の塀の透かしブロックはというと、、、

 

↑これじゃないかと思うんですがどうでしょうか。

 

↑これは2018年に富山県で撮影しました。穴タイプの分類で左右の枠がないやつですが、真ん中の穴が大きいのは珍しく、今のところここ以外で見てないです。これだとすると相当レアです。

おすすめの記事