透かしブロック in 「大都会パートⅡ」その2

べつに「大都会」でなくてもいいんでしょうが刑事ドラマという性質上、外回りとか事件現場とかの場面があると、ロケ撮影になり自然とブロック塀が映る機会があるでしょう。やはり2017年のこんにち、ドラマ当時の1977年のブロック塀は十中八九失われてしまっているでしょうから、記録を残しておきたい!と思うわけです。

↑大都会パートⅡ18話「暁の兇弾」より。 「兇」の字がシブいです。左側にダイヤが一つ置きに並んでいるのが見えます。@渋谷区か目黒区

 

↑パートⅡたぶん20話(違うかもしれない)。パトカーの停まる向こう側に青海波が見える。今はなかなかない木製の門とか良い味を出している。@渋谷区か目黒区

 

↑パートⅡ20話「狙われる」より。左の方に扇タイプがある。別に珍しくはないんですけどね。きっと今はないんだろうと思って撮っといた。@渋谷区か目黒区

 

↑パートⅡ28話「狙撃」より。公園のトイレの壁に枠だけの透かしブロック。@新宿区

 

↑同じくパートⅡ28話。ビルの屋上の何かの設備。スタンダードな「透かしブロック・枠だけタイプ」かと思ったんですが・・・

↑これはちょっと違いますね。私の追っているサイズ19㎝×39㎝のブロックではなく、もっと大きいサイズのものだと思われる。

↑ここでお仕事をする。

↑ここでお仕事をする人が、「年齢56歳、戦時中は○○部隊に所属・・・」という設定になっていて、そういうことが刑事さんのセリフ内にさらっと出てくるのでまたたまげる。たまげた後にうーんと唸らずにはいられません。

1977年、32年前までは戦争をやっていた、32年といえばそんなに最近ではないが決して遠い昔でもない、十分にそのときの「いま」とつながっている時間だ、と思うと、そうかこのころってそういう時代だったのだ。と感慨深いのでした。

↑クロさんが決死の突入。自分が追っているブロックとは違うんだけどなんかすごいんで撮っといた。@渋谷区

↑パートⅡ36話「挑戦」より。後方にこれはスタンダードな「枠だけ」タイプが。場所はわからん。渋谷区か港区って感じかな

 

↑同じく36話。右上方にやはり枠だけタイプが一つおきに。後ろ姿は柴田恭平(チンピラ)

 

↑37話「銀行ギャング徳吉」。後方に枠だけタイプが多数積みあがっている。たぶん。渋谷区か港区。たぶん。

 

↑38話「凶器が走る」。左後方に見えるのは武田菱か、あるいは花菱ではないか?@おそらく府中市

 

武田菱

 

花菱

 

 

↑39話「グッバイ1977」団地の入り口に枠だけをたくさん使って壁ができている。@府中市

つづき↓

[getpost id="2037"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA