透かしブロック in 三条市 その2

秋も深まりつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ブロック塀活動を始めてもうすぐ4年になろうとしています。活動のなかで一番の基本は「道を歩いてブロック塀の写真を撮る」ことです。

4年続けてきて、今が一年のうちでこの活動に最もふさわしい季節なんじゃないか、ということがわかりました。夏は暑いし冬は寒いです。春も意外と寒かったり暑かったりしますが、秋はわりと快適に活動できるというこれまでの経験からよい記憶、思い出があります。

ちなみに三条市に行ったのはゴールデンウィーク、だったかな?若干暑かったような記憶です。写真の光と影のコントラストで、暑さが伝わるかと思います。

↑菊水。という名前の家紋があって、それだと思っている。初めて見たのは府中市の神社だった。この立体感そして菊の御紋章を思わせる格調の高さよ。

↑そして三条市では菊水をめっちゃたくさん見たのでした。

↑最上段に一列ずらりと菊水。

↑これと、2つ前の写真の塀が左右対だったかな。と思ったけど菊水の段が違うのでそうじゃない。透かしでないブロックが立体模様で格調高い感じ。

↑中心にアクセント的に菊水そして左右にカラクサを配置。

↑上から二段目に一つおきの菊水。

↑なんで接写したのかよく分からない。多分違う塀だと思うが。

↑隣(の空き地)との境の塀で、道路に面してないからそんなにリキも入れないだろうと思うのに菊水たくさん。

↑咲き乱れる椿?でしょうか美しいです。支線ガードも。

↑三条市でもうひとつ忘れてならないのはこれ、ロロールルです。手塚治虫作品のキャラクターから連想し勝手に名付けました。チューリップきれい。

↑季節の花々とブロック塀とのコラボは楽しい。にぎやかな感じ。

↑ちょっと逆光気味。

↑こちらはスジ入り!上から被さる緑が影を落としている。

↑高くてすごく長い塀にロロールルが増殖している。ロロールルがたくさんあると「増殖」の言葉がぴったりだ。

続き↓

[getpost id="970"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA