1977年のTVドラマ「大都会パートⅡ」のDVDを全て見終わってしまい、達成感より喪失感を否応なしに味わうなか、これまで大都会に費やしていた時間とエネルギーをどこに向ければよいのか?とほんの少し思案した結果、「探偵物語(ドラマ)」を見てみよう!という結論に至りました。

時代的に「パートⅡ」の直後1979年ということと、松田優作つながりでいいんじゃないのかなーと考えたからです。まだ数話しか見てませんがパートⅡよりライト感覚で、あんまり人死なないし(たまに死ぬけど)松田優作のコミカルな部分が増して、楽しく見られてよいと思ってます。

いや基本的に松田優作ちょーかっこ良いです。「大都会」で大勢の中にいても華がありますよね。

大都会パートⅡ→パートⅢ→西部警察?とかそういう路線(よくは知らないが)は銃の打ち合いやなにかがド派手になっていく一方で人間味とか人情とか「こころ」を扱う部分は失われていく気がして、そちらの路線はもう追わないことにした次第です。

で「探偵物語」ですが、パートⅡより1年ほど時代が進んでますがまだまだ見られそうですね透かしブロック。なんというか見つけたら記録に残さずにはいられない今日この頃です。

 

↓第2話「サーフシティーブルース」@逗子市

台形タイプとはしごタイプのすてきな組み合わせ。医院の看板も毛筆体でグッと来る。

松田優作指長い。

台形タイプ。画像のは逆さだ。

はしごタイプの3つ穴。横につなげるとはしごのようになるのでそう呼んでいる。

 

↓第5話「夜汽車で来たあいつ」 後ろの方にあるのは「二つ穴」だと思われる。

夜汽車で来たのは水谷豊さん。夜汽車って…@渋谷区初台近辺

二つ穴。

 

↓そしたら今度は「日の出」。「すっとんきょう」と勝手に名付けたやつ。@渋谷区

これだ。すっとんきょう。

 

↓次は、向こうの二人のおじさんの間にひし形っぽいやつが二つ見える。

こんな感じのかなあ。レリーフが入っているかどうかはわからない。

これかもしれない。

 

↓つぎは花菱!花びらの刻みが甘いやつ@たぶん渋谷区

サロン噂の女。

花菱にもいろいろタイプがありますが・・・

↑これが花びらの刻みの甘いやつ。

 

↓次は青海波。これは別に珍しくもないのだが、記録せずにはおれないので。

↓車の左側にブロック塀がある。またまた花菱が上から2段目に横一列で連続、というパターンが同じなので確実にさっきの「サロン噂の女」の写真の近所だと思われる。

近隣の地域では、使われてる透かしブロックが同じとか、透かしブロックの配置デザイン(レイアウト)が同じ特徴というのはブロック塀あるある。

おすすめの記事